仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」

ここでは、「仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WS000062.jpg

響鬼独特のアイキャッチというか文字カット。
かっこいいです。
というかこれがやりたいがために色々出してる気がしないでもない。
話は電王のギャグ満載ネタをそのまま引きずってるのでは
ないかと勘違いしてしまうような話でした。

実際にはそんなこと全然ないんですけどね。

響鬼役はデビット伊東。
斬鬼、息吹鬼、轟鬼とオリジルキャストという
響鬼が好きな私には嬉しいキャスティングでした。

特に斬鬼はオリジナルの中でも非常に好きなライダーでした
のでワクワクしてみました。

最初

デビット伊東が響鬼?!

と違和感バリバリでしたが
次第に慣れてきて、このおっさん臭さが
昭和ライダーで育った私には懐かしささえ浮かびます。
今でもライダーはおっさん臭い方がいいと思っております(笑)

話としては海東の

「やる気さえあれば不可能な事なんて
この世にはないと思うけど?まずは動かないとね。
動けば何かが始まるさ、少年!」

かっこいいですね。
勝手に師匠押し付けられたにも関わらずしれっといい事いってる。

なかなか変身しなかった(出来なかった。)響鬼でしたが
危機を助けるために響鬼に変身。

そして、

「牛鬼」

に変身。

変身しなかったのはこういう事なんですね。

ディケイドは

龍鬼に変身して闘牛士したり。

よくわからん展開でしたが。

後、鬼という設定できっと出されただけであろう

ちらっと安定抜群のモモタロス。
後は、これやりたかっただけだろうって具合の

「空我」

クウガの出番。一発ライダーキックかまして終了・・。

本編では明日夢は鬼にならないと決めて
響鬼さんとゲイネタで終わりそうな勢いだったのですが

ディケイドでは

鬼を目指して修行中。

ただ、スーツがなんだか違和感ありまくり。
ちょっと鼻詰まり過ぎなのが気になりましたが。

さてはて、響鬼編も次回で終わりでしょうから
遂にすべての世界を廻りきったディケイド。
今後どういう展開なるのか非常に楽しみです。

見逃したという方は、下の素敵なニコ動でお楽しみ下さい。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokutama001.blog46.fc2.com/tb.php/2-37e9db77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。